外注化

トレンドアフィリエイトブログの外注化の文字数と単価はいくらに設定すれば良い?

こんにちはYUKIです!

トレンドアフィリエイトで継続して稼ぎ続けるためには外注化のライターさんの力はほぼ必須と言ってもよいでしょう。

しかし外注化をいざ始めようとしても、文字数はどのくらい書いてもらえばいいのか、また1記事あたりの単価の値段はいくらにすればよいのか。などわからないことがたくさんあると思います。

この記事ではこれから外注化にチャレンジしようという方に向けて、トレンドアフィリエイトブログの目安となる外注化の文字数と単価を自分の経験から紹介したいと思います。

トレンドアフィリエイトブログの外注化の文字数はどのくらいに設定すればよい?

トレンドアフィリエイトで記事を量産するとしても、ここ最近の傾向だと最低でも1,500文字は欲しいところですよね。

しかし1,500文字で外注を応募すると文字数の多さからハードルが上がり、「あまり応募が集まらない。」なんてことも少なくありません。

トレンドアフィリエイトブログの場合は初心者のライターさんでも十分に記事を作成することができますが、初心者にとって1,500文字は結構大変な数字です。(皆さんも最初記事を書く時1000文字でもかなり苦戦したはず…!)

そんな時におすすめなのが最初は900文字で募集をして、慣れてきた段階で1,200文字1,500文字と文字数を増やしてもらうやり方。

ライターさんも慣れてくれば1,500文字という文字数も苦ではなくなり、意外とすんなり了承してくれたりします。

僕は最初の応募は900文字で応募し、集まってきたところでライターさんに声をかけ文字数と単価をUPしてもらっています。

正直ライターさんとの出会いは””なので入り口を900文字としてたくさん応募してもらい、よいライターさんと巡り会える確率をあげる方法が賢いやり方だと考えます。

またライターさんの中には900文字で契約をしているのに、2,000文字3,000文字と物凄い熱量の記事を書いてくれる方もいます。

必要ない場合はしっかり言うべきですが、そこまでしっかり書いてくれてありがたい場合には必ず単価を上げてお支払いをするようにしましょう。

よいライターさんというのは、ブログを運営していく上で非常に需要な資産になります

お金の面では渋らずにお支払いできると、お互い気持ちよくお仕事ができ必ず自分によい結果として返ってきます。

トレンドアフィリエイトブログの1記事あたりの単価はいくらに設定すればよい?

ここは「いくら予算があるのか?」など、正直人それぞれですが、一つわかっていて欲しいのが単価を上げたからといって、それに比例してよい人が集まってくるとは限らないということ。笑

ただもちろん単価を上げたほうが応募の数は目に見えて増えます。

トレンドアフィリエイトの記事作成の平均単価は1,000文字〜1,500文字で500円前後ですが、最近だと単価平均がどんどん上がっているので文字単価が0.3円を切ってくると厳しい雰囲気があります。

ちなみに僕は最初900文字400円で応募をかけて、その後記事のクオリティ・文字数に合わせて単価をUPしています。

もちろん900文字で記事を更新してもアクセスを集めることは難しいので最初の方はその900文字をベースにして、自分で書き足していくイメージ。

ライターさんとのやりとりを繰り返し、徐々にライターさんに任せられる仕事を増やして上げられるといいですね!

トレンドアフィリエイト記事の外注化はいつからするべき?ライターを雇うタイミングは?こんにちはYUKIです! トレンドアフィリエイトで結果を出すのには、何はともあれ記事を入れなければ始まりません。 そのために...

ちなみに初心者のライターさんの場合は単価を上げすぎて募集をかけてしまうと、それが逆にプレッシャーになって応募しにくくなってしまいます。

もし現在募集をしていて人が集まらないという時は、逆に単価を下げてみると応募がくるかもしれません。

トレンドアフィリエイトブログの外注化の文字数と単価はいくらに設定すれば良い?:まとめ

僕は新規で応募する時は900文字400円で募集し、ある程度慣れて来た段階で個人的に交渉をしていき文字数を増やしてもらっています。

外注化は応募が来た時点で人と人とのやりとりになるので、「これが正解!」というものがありませんが、分からないことなどがあれば「お問い合わせ」から気軽に相談していただければと思います。

外注化はブログを長く、太く続ける上で非常に強力な武器となりますし、この経験はブログ以外にも生きてきます。

ここでしっかりと身につけてさらに稼いでいきましょう!