アドセンス審査に1発で合格したサイトの記事数や文字数を紹介

アドセンス審査

こんにちはYUKIです!

2018年の終わり頃からアドセンス審査の仕様が変わり、2019年からは完全にサイトごとのアドセンス審査へとなりました。

このことから、すでにアドセンスのアカウントを取得している人でも、新しいサイトを立ち上げた際にはアドセンス審査を受けなければならないというになりますが、SNSなどを見ていると割とアドセンス審査に苦戦している人は多いな〜という印象を受けました。

この記事ではそんなアドセンス審査に苦戦している方に向けて、実際に僕がアドセンス審査に受かったサイトの

  • 記事数
  • 1記事あたりの文字数
  • ジャンル
  • その他気をつけた点

などを紹介していきますのでぜひ参考になさってください。

目次

【2019年春】サイト追加のアドセンス審査に受かりました

2018年の後半からアドセンスがサイト毎の審査になったため、新しいサイトを作成するにはその度にサイトをアドセンスに申請しなければならなくなりました。

ちょうど僕も「新しいサイトを作りたいな〜」と思っていたので2月に新サイトの作成を決意。

3月に無事サイトがアドセンスに合格したので、その情報をシェアしていきます。

サイト開設日2019年2月21日
アドセンス審査申請日2019年3月5日
アドセンス審査合格日2019年3月16日
総記事数5記事
1記事あたりの文字数1500文字以上

以下詳細です。

サイト作成

2019年の2月に新サイトを作成しました。

サイトを作成した日付は2019年2月21日

ここから二日かけてサイトの設定やプラグインを入れ、ようやく記事を書き始められる状態へ。
(運営している他のサイトもあるので、かなりだらだらやりました。笑)

そして記事を書き始めたのは2019年の2月23日で、これが初投稿になります。

サイトの総記事数と文字数

サイトの総記事数は5記事

アドセンス審査に申請する段階で4記事書き、アドセンス審査中に1記事追加しました。

1記事目2019年2月23日1668文字
2記事目2019年2月24日1452文字
3記事目2019年3月1日1916文字
4記事目2019年3月4日1607文字
5記事目2019年3月9日1479文字

文字数は1500文字前後で、平均すると1記事1624文字ほどになります。

サイトのジャンル

サイトで取り扱ったテーマは、スタバの新商品のレビューや、他コーヒー店の商品の紹介などがメインで、実際に自分が飲んだものの感想を”独自性のあるコンテンツ”というところを意識して記事を作成しました。

アイキャッチ画像などは無し、記事内の画像は自分で撮影したスタバの商品の画像1枚のみなので、画像は無くても合格はできたと思います

審査を受ける際は、グーグルの規約に違反していないジャンルで挑むべきですが、実際に自分が行った場所や食べたものを”価値が提供できる形”にして記事にすることが一番楽だと思います。

価値が提供できる形”とあえて書きましたが、日記などの記事では無く、誰かのためになる記事にすることを意識しましょう。
(僕の記事はスタバの新商品のレビューをすることで、「これから新商品を飲む人の参考になる」というところを意識しました。)

その他気をつけた点

グーグルはアドセンス審査の際に更新頻度も見ているという話を聞いたことがあったので、なるべく毎日更新をしようとしましたが、上記で紹介したように数日に1記事の更新となってしまいました。

ただそれでもアドセンス審査は通ったので、継続して記事を更新していれば問題なく審査には通ると思います。

あと気をつけた点ではサイドバーにプロフィール欄を設置し、簡単に自己紹介を入れたこと

プライバシーポリシーページの設置、お問い合わせページの設置などです。

この辺はアドセンスの審査では割と重要だと思っているので、審査を受ける際は必ず設置しておきましょう。

【2019年春】アドセンス審査に1発で合格したサイトの記事数や文字数を紹介:まとめ

アドセンス審査に通過したサイトをまとめると

ジャンル:コーヒー店の新商品を紹介するサイト
記事数:5記事
1記事の平均文字数:1624文字
審査期間:10日
合格時期:サイト開設から3週間後

となりました。

今回紹介した例は、アドセンスをすでに取得しておりサイトを新たに追加するアドセンス審査ですので、新規にアドセンスを取得する審査とは審査基準が異なるかもしれません

またアドセンス審査は、時期によっても合格基準などが異なってくると考えられますので、Twitterなど、最新の情報を参考にサイトを作成すると良いでしょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる