InstagramをWordPressサイト記事に埋め込みする方法【プラグイン不要】

こんにちはYUKIです。

本日はInstagramをWordPressサイトの
記事に埋め込む方法
を紹介します。

トレンドアフィリエイトなどをやっていると
どうしても「画像が欲しい!

という場面が出てきますよね。

そう行った時にInstagram埋め込みを知っていると
求めていた画像が簡単に記事に入れられる事ができます。

Instagramの記事への埋め込みは慣れると
一瞬でできるようになるので
是非ここでやり方を取り入れて行ってください!

目次

InstagramをWordPressサイトの記事に埋め込みする方法【プラグイン不要】

Instagramを記事に埋め込む方法ですが
実は非常に簡単です。

まずパソコンでInstagramにログインし
埋め込みたい画像のページへ行きます。

今回は例で
僕が最近ハマっている
The Walking Dead
の画像を埋め込みます。

Instagram埋め込み1

埋め込みたい画像を開き「…」をクリックします。

Instagram埋め込み2

次に「埋め込み」をクリック

Instagram埋め込み3

「埋め込みコード」が表示されるので、そちらをコピーします。

[キャプションを追加]を押すと
その投稿の文章を一緒に埋め込む事ができます

文章を一緒に埋め込みたくない場合は
[キャプションを追加]のチェックを外しておきましょう。

Instagram埋め込み4

次に埋め込みたい投稿ページを開き
[テキスト]モードで
先ほどコピーしたものを貼り付けます。

これで埋め込みは完了です!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Raise a fist for Daryl Dixon. #TWD

The Walking Deadさん(@amcthewalkingdead)がシェアした投稿 –

実際に埋め込みがうまくできているか
[プレビュー]等で確認してみましょう。

Instagramの埋め込みがうまくできない場合

僕のライターさんでもたまにいらっしゃいますが
Instagramの埋め込みは環境などの影響で
できない場合があります。

そう行った時は
埋め込みたい投稿のリンクを貼り付ける事でも
Instagramを埋め込む事が可能です。

Instagram埋め込み1

先ほど同様「…」をクリック。

Instagram埋め込み5

次に「リンクをコピー」をクリックします。

あとはコピーしたリンクを記事に貼り付けるだけで…。

https://www.instagram.com/p/BxP9dbFgK2Z/?utm_source=ig_web_copy_link

同様に記事に埋め込む事ができます。

こちらの方法の場合
リンクの前後を1行空けないと
うまく反映されない場合があるので

埋め込んだ投稿がしっかりと反映されているか
[プレビュー]にて確認してみてください!

Instagramの埋め込みの著作権は?

気になる方が多いと思いますが
Instagramの画像の埋め込みは著作権違反とはなりません。

ただ投稿しているアカウントが
著作権違反となっている場合は
(例えば芸能人の写真を勝手にUPしている)

そちらが著作権違反の対象となり
ページが削除されてしまう可能性
著作権侵害行為の幇助とみなされてしまう恐れがあり
注意が必要です。

なのでInstagramの写真を使用する場合は
なるべく公式アカウントの写真を利用すると
著作権違反に触れることはないので安全です。

InstagramをWordPressサイト記事に埋め込みする方法【プラグイン不要】:まとめ

Instagramの埋め込みは
プラグインなどが不要で
簡単に行う事ができます。

現在Instagramは
かなり大きなSNSとして
世界中で利用されているので

欲しい画像がある時は
まずInstagramで探してみることを
オススメします。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる